オーディオ製品の買取専門-オーディオマイハート

高値買取のポイント - 少しでも高く買い取って欲しい─。そんなお客様の声にお応えするため、高値買取のポイントをまとめてみました。

お問い合わせは、お得で便利なフリーダイヤルで

0120-66-4830

受付時間:AM10:30〜PM7:00

受付24時間年中無休!

※お返事は営業時間内になります。

メールでお問い合せはこちら→

文字の大きさ

標準

日頃のお手入れ - 手放すときの状態が良ければ、高値買取につながります。

外観に汚れや錆びが目立つ、スピーカーのコーン紙やダイアフラム、エッジが破れている、センターキャップが凹んでいるなど、状態の悪いオーディオ製品は、普段からオーディオに慣れ親しんでいる方達はもちろん、これからオーディオの深い世界に入ろうとしている入門者の方達にとっても、決して喜ばしいものではございません。

オーディオマイハートでは、リユース商品として販売する前に隅々まで点検ならびにクリーニングを施しております。日頃から、お客様ご自身でメーカー指定の点検・清掃などのメンテナンスを行い、良好な状態と綺麗な外観を保たれていれば、商品としての価値も高まるだけでなく当社の手間も省け、高値で買取ることも可能になります。

メーカー指定のメンテナンスを定期的に行いましょう。

1.次の場所に置くのはやめましょう
  • 不安定な場所
  • 湿気の多い場所や風通しの悪い場所
  • 埃の多い場所
  • 直射日光が当たる場所
  • 極端に寒い場所
2.綺麗にクリーニングしましょう

デッキやオーディオプレーヤーなどのヘッドやレンズなどは、市販されている専用のクリーナーを使用します。
木製キャビネットやパネル面は、ガーゼやクロスなどの柔らかい布で乾拭きします。汚れが酷い場合は水に濡らし堅く絞るか、中性洗剤を少し含ませ優しく拭いてください。
アルカリ性洗剤やシンナー、ベンジン、無水アルコール原液などは文字が消えたり表面を炒めますので使わないでください。

ベルトドライブ方式プレーヤーの駆動部は、無水アルコールを浸したガーゼなどで油分を綺麗に拭き取ります。
無水アルコールは、クリーニングの万能材とも言われています。綿棒を使用してデッキのヘッドやキャプスタンなどの洗浄にも使用できます。

3.湿度や埃の侵入を防ぎましょう

使わない端子には、埃の進入や酸化を防ぐためのジャックプロテクターなどで保護しておきましょう。
汚れがくすみが酷い場合は、AVアクセサリーとして市販されている専用の接点クリーナーを使用しましょう。研磨剤を含んだ金属磨き剤は決して使用しないでください。

4.保管方法

オーディオ製品は、定期的に使いながら保存することが一番ですが、定期動作がなか難しい場合、まずは湿気の温床となる埃を取り払うなど綺麗にクリーニングし、市販の乾燥剤を入れたポリエチレン袋に入れてビニールテープで密閉するか、市販の布団圧縮袋などに入れ密閉し、更に段ボール箱などに入れて保管します。

プレーヤーはターンテーブルを外し、市販の乾燥剤を入れたポリエチレン袋で個別に密閉し、プチプチなどの緩急材で包みましょう。

スピーカーユニット単体の場合は、コーン紙やエッジ部分の埃をブラシノズルを付けた掃除機で優しく吸い取り、金属部分は無水アルコールをしみこませたガーゼで錆びの原因となる皮脂や指紋を綺麗に拭き取りましょう。

クリーニングが終わったら、ユニット同士を向かい合わせてボルトナットで固定し、市販の乾燥剤を入れたポリエチレン袋に入れてビニールテープで密閉するか、市販の布団圧縮袋などに入れ密閉し、更に段ボール箱などに入れて保管します。

5.喫煙される方は、換気対策とマメなクリーニングを

ウイスキーグラスを片手に、自慢のオーディオシステムでジャズを聴きながら一服を・・・オーディオ愛好家であり愛煙家の方にとっては至福の一時ではありますが、たばこの煙やヤニがオーディオ機器に悪影響を及ぼすのもまた事実です。

とはいえ、たばこを止めることはなかなか難しいことですし、決して安くないオーディオシステムの価値を下げない為にも、たばこを吸い終わった後は柔らかい布で表面を、綿棒で端子などをマメにクリーニングしましょう。

【分解清掃は、無理をなさらずメーカーにご依頼を。】

表面の汚れは落とせても内部に入り込んだヤニ汚れなどは分解しない限りクリーニングできません。ですが、お客様ご自身による分解メンテナンスはおすすめいたしません。アンプなど大型トランスを持つ製品は非常に危険が伴いますし、内部に接触することは新たな故障の原因にもなります。

そこで、音の静かな空気清浄機や消臭機能付き灰皿を使用する、部屋の換気を良くする、後は新製品購入時にあらかじめ5年補償などに加入し、どんどんメーカーに修理・メンテナンスをしてもらうというのも、また一つの方法かもしれません。

高値買取のポイントメニュー

携帯から手軽に査定依頼!!

オーディオマイハート・モバイル

アドレスをメールで送信→